読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河原でアンコウを吊るし切りにした

今回は写真を載せません。
カメラを持っていくのを忘れたこともあり、一枚も写真をとってないのが理由です。
様子を見たい方は、参加してくれた方のブログをどーぞ。
秋なのであんこうをさばいて鍋にする会に行ってきた
屋外で鮟鱇-アンコウ-を捌く
魔女狩りを現代に復活させる会に行ってきました
アンコウを家庭でさばいてみたいなぁ、という人のために少し書いておきます。

吊るし切りは必要か?


捌くことが目的なら、吊るす必要はありません。まな板の上で問題なくさばけます。
キッチンばさみでヒレを切り、皮をはぎ、あとはテキトーにぶつ切りにすれば良いです。

でも吊るすと楽しいです。
家庭でやるなら、物干しにS字フックをかけてアンコウの下あごに刺すと良いです。
僕は学生のときにアパートで独りで吊るして独りで食べたことがありますけど、
みなさまは大勢でやることをオススメします。

僕がいつも買ってる市場の魚屋で吊るし切りの話を聞いたら
「30〜40年間、魚屋をやっているけど吊るし切りをしたことがない。まな板でさばいている。」
「昔は吊るし切りなんて聞いたことなかった。見世物として普及したのでは?」
などと言っていました。
とはいえ、この本によると、アンコウのつるし切りは少なくとも江戸時代から行われているようです。

【送料無料】江戸の料理史 [ 原田信男 ]

【送料無料】江戸の料理史 [ 原田信男 ]
価格:840円(税込、送料別)

アンコウの入手方法


冬に築地市場などに行けば手に入ります。今回僕は船橋市場の仲卸に注文して7.6kgのものを買いました。
家庭用には1〜2kgのアンコウを買えば十分です。1匹2、3千円も出せば買えます。
で、アンキモだけ別で売ってるので買い足すのもいいです。中国産アンキモなら1000円/kgぐらいで安く買えます。十分美味しいです。

ネットでも売ってるみたいです。10kg以上のアンコウをそのうち買ってみたいなぁ、と思ってます。

野外でアンコウ鍋を作る問題点、あるいは今回の手落ち


煮込み時間が足りませんでした。
アンコウはゼラチン質の皮が一番おいしいと思うのですが、煮込み時間が足りずにゴムみたいでした。
皮をトロリと柔らかく煮こむと最高なのです。
もっと煮込めばよかったのですが、みんなお腹が減ってるのでそうも行かなかったのです。
是非、アンコウの皮を柔らかく煮て食べてほしいです。

アンコウ鍋以外の料理法


ゼラチン質の皮やヒレなどは煮込み料理に向いてます。甘辛く煮魚にすると美味いです。
身は調理法を選びません。バターで洋風にソテーしても美味いです。唐揚げも最高です。
刺身はあまりお勧めしません。ただし、表面をさっと熱湯に通した湯引きは美味しいです。酒蒸しにした肝を添えると最高です。


では、素晴らしいアンコウライフを!