読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツオのとろみポン酢がけ


いつもの刺身の目先を変えよう


今日買ったカツオをさばきながら、どうやって食べようかと考えていた。
フツーに考えたら表面を炙って土佐作りにすればいい。でも、嫁と二人で小さめとはいえ3キロ弱のカツオを食べるわけだ。連日食べるのだから、臭みを消しやすい土佐作りは明日にしたい。
それにカツオはしょっちゅう買ってきている。目先を変えないと「またかよ」みたいな感じになる。そういうのって何となくでわかるんだよ、畜生!

とろみポン酢で、美味そう!美味い!


というわけで今夜は、カツオの刺身に大根おろしを乗せてとろみをつけたポン酢をたっぷりかけてみた。これは京都駅の和久傳で食べたブリの刺身に習った食べ方。

作り方はいたって簡単。ポン酢に片栗粉でとろみをつけるだけ。それを刺身にたっぷりとかける。
とろみをつけるとポン酢が刺身によく絡む。酸味が夏の食卓にぴったりだ。見た目も照りがあって良いし、手が込んでいるように見える。
カツオやブリ以外でも、マグロ、サバ、サンマなどなど味の濃い魚ならなんでも、たっぷりのとろみポン酢をかけて美味しく食べられると思う。
とろみポン酢、オススメです。