読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悲しい時は飯がまずくなる、とかいうのが嫌いだ。

悲しいからって、飯は不味くなるのか?嬉しいからって、飯はうまくなるのか?

どんな悲しいときでも、例えばイカの美味さは不変だ。それが悲しいんだ。悲しくても悲しくても、空は晴れて月が出たりするように。

というわけで、今日は少し腹が立った、というお話でした。